卒業後

取得できる資格

資格取得のために、
学校全体で全力でサポートします。

  • 当校を卒業すると、看護師国家試験の受験資格が得られます。
  • 専修学校の専門課程で、卒業後専門士(医療専門課程)の称号が得られます。
  • 卒業後は、看護大学の3年生への編入、保健師、助産師学校への学校受験資格が得られます。

資格取得のながれ

  • 看護専門学校3年 卒業
  • ・専門士(医療専門課程)
    ・看護師国家試験 受験資格
  • 看護師国家試験 合格
  • 看護師

看護師国家試験 合格率

本校独自のプログラムにより
卒業生全員合格の実績があります。

合格率 100%

(2018年度 第108回 看護師国家試験)

看護師国家試験は年に一度、2月に行われます。必修問題と一般・状況設定問題の試験を1日かけて行います。必修問題は80%の正答を満たすことの条件があるため、看護学生は試験に備えて模擬試験を受けるなどの国試対策を行います。
本校は毎年、その年のスローガンを掲げ独自の合格プログラムにより、学生と教職員が一丸となって国家試験の合格を目指します。また、例年全国の看護師国家試験の合格率は90%ほどです。

主な就職先

安城更生病院、八千代病院をはじめ
その他、様々な医療機関に就職をしています。

卒業生メッセージ

  • 本崎 玲奈 さん

    安城更生病院勤務(2019年度卒業)

    私は2020年3月に卒業し、安城更生病院の消化器外科病棟で働いています。学生時代、授業や実習で、疾患に対する看護や、同じ病気でも患者さんへのかかわり方は何通りもあること、個々のニーズを把握し、その患者さんに合った看護をすることの大切さを学びました。いつでも相談に乗ってくださる学校の先生方や仲間がいたから乗り越えられたのだと思っています。学校での3年間の経験を、今臨床での看護に繋げています。1年目でまだまだ分からないことが多いですが、より専門的な知識を深め、患者さんとの関りを日々学び、笑顔で看護が出来るよう心掛けて働いています。

    笑顔で看護が出来るよう心掛けて働いています!

  • 大内 双葉 さん

    八千代病院勤務(2019年度卒業)

    私は学生時代、周手術期看護に興味を抱き周手術に携わる病棟で働きたいと思い、八千代病院5A病棟を希望しました。周手術期は術後の観察はとても重要ですが、患者本人と家族の精神的ケアも必要です。『手術』という言葉を聞いただけでも不安になり眠れなくなる患者さんや、その家族は心配で食事がとれなくなるなど様々な影響が生じます。その中で私たち看護師はどのように関われば患者さんに安心して入院生活を送って頂けるのか、これは正解はなく永遠の課題だと実感する毎日です。まだまだ看護師として未熟ですが、初心を忘れず日々努力して頑張ります!

    初心を忘れず日々努力して頑張ります!

  • 佐伯 綾香 さん

    碧南市民病院勤務(2018年度卒業)

    私は安城市医師会安城碧海看護専門学校を卒業し、碧南市民病院の手術室で働いています。手術室では、より専門的な知識が必要となり、さらに救急外来での仕事も兼ねているため、勉強することが多いです。しかし、学校で学んだ看護の基礎が今でも活かせています。私は、看護の勉強が出来て本当に良かったと感じています。先生方はとても熱心に実習や国家試験などをサポートしてくださり、そのおかげもあり、辛い日々も乗り越えることができ、現在看護師として働けています。どんな時でも、支え、励ましてくれる先生や仲間がいる学校が好きでした。この学校の卒業生として胸を張り、これからも看護師を続けていきたいです。

    学校で学んだ看護の基礎が今でも活かせています!

↑
PAGE TOP

CLOSE